The Stylish LifeHacker

Live stylish life with LifeHacks.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

携帯電話にメモを物理的に書き込む方法 

マスキングテープ・ハック

先日紹介したマスキングテープ・ハックがあまりにも気に入ってしまったので、
これを応用して携帯電話にメモエリアを作ってみました。
今まで買い物に出かけるときには買い忘れ防止のため、よく携帯電話のメモ機能を利用していました。

ですがみなさんも感じていると思いますが、携帯電話のメモ機能はアナログのメモに比べて、手軽さが圧倒的に不足しています。
まず、メモ画面を開くためにメニューをたどり、開いたら今度はあの煩わしい文字入力です。
メモを確認するにも、あらかじめ待受け画面に設定しておくか、もしくはまたメニューをたどる必要があります。

さっと取り出して、さっと書き込める紙のメモに比べると、使い勝手が悪すぎていつも不便に感じていました。
そこでマスキングテープ・ハックを応用して、携帯電話メモを劇的に使いやすいものにしてみました。

要は携帯電話の裏にマスキングテープを貼り付けただけですが、これは携帯電話に内蔵されているメモ機能の欠点を完全に補ってくれます。
基本的に紙のメモと大差はないので、当然煩わしいメモ機能の呼び出しや設定、キー入力は一切不要です。
メモを取りたくなったら携帯電話を取り出してそのまま本体に書き込めるし、確認するときは裏を見るだけです。
メモがいらなくなったらはがして捨てるだけ。

買い物メモ程度の情報なら、マスキングテープの面積でも十分に対応できます。

唯一の欠点はペンがないとメモを取れないことですが、それもストラップ型のペンを使用することで解決できます。
おすすめはゲルインキタイプのボールペン「ハイテックC04プチモ」です。



油性タイプだと堅いところに貼ったマスキングテープにはうまく書けないようですが、
(油性、水性はあまり関係がなく、油性でもものによっては堅いところでも良く書けるようです。)
このゲルインキタイプならそんな問題もなく、さらに極細タイプなので小さい文字も簡単に書けます。
ストラップとしてはけっこうでかいのですが、ペンにはある程度の大きさがないと書きにくいのでそこは我慢。

この携帯電話メモ、マスキングテープ・ハックを実践中の人には、ぜひ試していただきたい応用です。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifehacker.blog86.fc2.com/tb.php/53-ff63297c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。